針供養(はりくよう) | 鎌倉市にある荏柄(えがら)天神社

星梅鉢

お問い合わせ

荏柄天神社

荏柄天神社 年中行事

針供養(はりくよう)

2月8日

日ごろ使う針を、やわらかいお豆腐にさして労うことで技術の上達を祈る行事です。
殿内では終日、針霊に対して特別なご祈祷を行っており、裁縫・手芸に携わる方々が使い終えた針を持ち寄ります。

針供養写真 針供養写真  

日ごろ私たちの生活のために、黙々と働いてくれる針に感謝するためのお祭りです。
この日は軟らかい豆腐に刺すことで普段の針の労をねぎらいます。物のすべてに神様が宿り心があると考えていたわれわれの祖先が生み出した心優しい習慣といえましょう。
最近では鍼治療に使われる鍼の供養を希望される方も大勢来社されるようになりました。
当日は針供養の御祈願も受け付けております。ご本殿で御祈祷の後にお豆腐に針を刺し御供養頂きます。
針供養のご祈祷につきましてのお問い合わせは下記までご連絡下さい。

針供養写真 針供養写真  

ご本殿でのご祈祷です。 神主が祝詞を奏上し、針供養の旨を神様にお取次ぎいたします。
そのあとで、順番にお豆腐にお持ちになった針を刺してご供養していただきます。
御本殿の前のお豆腐へ、ご自由に針を刺してご供養いただくことも出来ます。